お風呂

24時間風呂が入れる|震災時にも一役買う

災害時でも快適

主婦

24時間風呂では、浄化、循環、保温の三つの効果があるのが特徴です。24時間風呂で気になるのが衛生面ではないでしょうか。人にとって最適な温度は細菌にとっても快適な温度となり、細菌の繁殖などが気になる人は多いです。しかし、紫外線や熱洗浄、イオン洗浄によっていつでも清潔なお風呂に入ることができます。また、24時間風呂ではお湯が循環しているため、髪の毛などのゴミも取り除くことができます。そして、この24時間風呂の大きな特徴が保温で、いつでも温かいお風呂に入ることができます。この24時間風呂での大きなメリットがいつでもお風呂に入ることができるという点です。最近では仕事も多様化し、深夜帯に働く人も多いです。そんな人でも24時間風呂であれば仕事から帰ってきてすぐにお風呂に入ることができます。お湯の浄化や循環によって綺麗な状態を保っていることから、お風呂の掃除の手間が少ないのも大きなメリットです。お風呂に入る時間が家族によって様々な場合、お風呂を入れるたびに掃除の必要がありますが、この24時間風呂ならそんな手間がありません。その他にも節水にもなるのも大きなメリットです。お湯を循環させ、保温効果もあることから新たに水を足す必要がなく節水効果があります。この節水効果によって災害時などでの水不足の時でも入浴をすることができます。このように、24時間風呂には様々なメリットがあります。家族のお風呂に入る時間が違う、掃除が面倒、節水をしたいと考えている人は24時間風呂の利用を考えてみてはいかがでしょうか。

お風呂

お風呂のふたは何故必要か

湯船にする風呂ふたは、お風呂の温度が下がらないために必要な道具です。中でも保温性が高い組み合わせタイプは、家族がバラバラの時間で入浴する家庭で活用したい風呂ふたです。またコンパクトなものでも、折りたたみタイプは保温性もある程度高く、入浴の邪魔にならない利点があります。

女性

お湯を冷まさないために

風呂ふたはお風呂のお湯の保温をするために大切な道具である。組み合わせふたは掃除がしやすく、シャッターふたは用意、片づけが楽、折り畳みふたは安くてふたの調節がしやすいといったように様々なメリットがある。

浴槽のふた

バスルームの便利アイテム

風呂ふたは、お湯の温度を下げにくくする役割を果たします。追い焚きをする間に使用すると、温度の低下を最小限に食い止めることが可能です。効果をスムーズに得るためには、浴槽のサイズを測って、ピッタリと合う風呂ふたを選ぶことが大切になります。