ウーマン

24時間風呂が入れる|震災時にも一役買う

  1. ホーム
  2. バスルームの便利アイテム

バスルームの便利アイテム

浴槽のふた

浴槽サイズに合わせて選択

風呂ふたは、一旦沸かしたお湯を冷めにくくする目的で広く利用されているアイテムです。実際、この風呂ふたを浴槽に設置しておくと、お湯の温度の低下を抑えることが出来ます。家族が次々と入浴をする時は、風呂ふたを利用して追い焚きの時間を短縮するといった方法も可能です。バスルームの室温が低い冬場は、特に風呂ふたが役立ってくれます。商品を選ぶ時に気を付けたいのが、浴槽のサイズとのバランスです。サイズがピッタリと合っていないと、隙間から熱が逃げるといった問題が生じます。状態が不安定になり、何かと不便を感じることになるため、風呂ふたのサイズは思いの外重要です。浴槽によっては縁の部分が丸みを帯びていることもありますので、隙間が出来ない風呂ふたを見つけるため、採寸するなどの準備が必要です。市販されている風呂ふたには、数タイプの商品が見られます。比較的簡易な風呂ふたは、細かく折り畳める構造になっており、入浴中はコンパクトな状態にして保管することが出来ます。板状の風呂ふたは、サイズが合っていれば保温性も抜群です。このような風呂ふたは、大概は抗菌効果を備えているため、カビなどが生じにくい作りとなっています。ただ、湿気の多いバスルームで使用するアイテムであることから、定期的に天日に干すなどの対策を行わないと、水垢やカビの原因になります。追い焚きをしながら入浴をする家庭では、特に衛生に気を配って使用することが求められます。