ウーマン

24時間風呂が入れる|震災時にも一役買う

  1. ホーム
  2. お湯を冷まさないために

お湯を冷まさないために

女性

様々な種類のふた

お風呂は日本人にとって昔からなじみ深いものである。近年様々な種類のお風呂が普及しており、それに伴ってお湯を冷まさないためのふたも種類が豊富になってきている。風呂のふたがあることでお湯を保温することができるが、これは家計にも影響する。追い炊きを行うことで1度お湯の温度を上昇させると3円を使用する事になってしまうのである。家族全員が追い炊きをして、それが毎日となると家計への影響は計り知れない。つまり、風呂ふたは重要な道具なのである。風呂ふたの種類は大きく分けて組み合わせふた、シャッターふた、折り畳みふたの3種類が挙げられる。組み合わせふたは、でこぼこが少なく、掃除が非常に行いやすいのがメリットである。更に、中身に断熱材が使われていることが多く、保温効果は非常に高いという特徴がある。シャッターふたに関しては、大きいお風呂、小さいお風呂問わず使用する事ができ、特に小さいお風呂では使用しやすい点がメリットである。子どもや高齢者でもくるくると巻いて片づけられるので用意、後片付けが簡単というメリットもある。更にその軽さも魅力である。折り畳みふたはそのコンパクトさがメリットである。組み合わせふたやシャッターふたと異なり、好きな部分だけふたをすることが可能である。体格に合わせて調節できる点がメリットである。また、3つの中で比較的安い点も特徴である。この様に、風呂ふたといっても様々な種類がある。それぞれのメリットを知って風呂ふたを選ぶと良いだろう。